最近の気になる記事とフォトンベルトのエネルギー

最近、コンビニで沖縄産しまとうがらしせんべいという商品を見つけ、毎日食べている芝崎義夫です。皆さん大変ご無沙汰しています。

ここのところきになるきじが2つありました。ひとつは、この記事 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010070402000070.html
この記事がいつまであるかわからないので、全文も載せておきます。

2010年7月4日 東京新聞朝刊

 二〇〇一年の米中枢同時テロ後に米国が始めたアフガニスタン戦争での米兵の死者は、今年五月末に計千人に達し、厳しい戦闘が続いている。〇三年開戦のイラク戦争と合わせ、個々の米兵の戦場派遣は複数回に及び、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断される米兵も〇七年以降、年間一万人超で推移。問題の深刻化とともに、米軍は東洋古来の鍼(はり)や日本発祥のレイキ(霊気)など、西洋医学に代わる「代替医療」を治療に積極的に導入し始めた。 (米南部テキサス州フォートフッドで、嶋田昭浩)

 「家にいてもドアがばたんと閉まる音がすると、あわてて床に伏せ、もう(戦地ではないので)銃など近くにないのに、手に取ろうとしたものだ」

 テキサス州オースティンの大学院で東洋医学を学ぶトニー・ベイルズさん(39)は、〇七年にイラクから戻りPTSDと診断された当時を振り返る。

 最初の戦地派遣は〇三年に十カ月。二度目は〇五年から十六カ月に及び、衛生兵として、反米武装勢力の攻撃で死亡した米兵の遺体の収容に当たった。イラクでは陸橋の下などに爆弾が仕掛けられるケースも多く、「今でも(米国で)陸橋を車で通る時は怖い」と打ち明ける。PTSDとの診断後、最初は西洋式精神医学の治療を受け、抗うつ剤を投与されたが、かえって症状が悪化。不眠症への対応として自分でアルコールを用い始めた。

 一方、イラクで背中を負傷した際に有効だった鍼治療が精神的な機能障害に対しても使われていると知り、〇七年夏、民間の医療機関で鍼治療を再開。最初の治療後に約三十時間も眠った。週一回の治療を続けるうち、数カ月でPTSDが改善した。

 「ばかげた戦争だと感じる。でも、まだ親友たちが戦場にいるので複雑な思いだ」と話すベイルズさん。自らも鍼の技術を習得。自身と同じ症状に苦しむ多数の患者を助けるため「一生の仕事にしたい」と願っている。

 米軍によると、アフガニスタン、イラクの両戦争に派遣され、PTSDと診断された米兵は、〇二年には百三十八人だったが、その後、急増。〇七年に一万一千六百六人と初めて一万人を超え、〇八年には一万四千八十一人、昨年は一万三千二百六十三人だった。

 「米軍で、最初にPTSDの治療プログラムに鍼を導入したのは〇七年。この基地では年間約三百人に鍼治療をしているが、施設と人員を増やせば(患者数は)二、三倍にも増えるだろう」と陸軍フォートフッド基地の臨床心理学者ウェッシュ博士(67)は話す。

 「PTSD患者は神経系統に極めて複雑な問題を抱えており、多くの兵士は痛みを訴える。頭痛は他の治療法ではあまり効果がないが、ここで行う鍼、マッサージ、レイキなどは、ほとんどのケースで痛みを軽減させ、有効に機能する」とウェッシュ博士。

 手を使って体内のエネルギーを調整するとされるレイキは、米国立衛生研究所の研究対象。博士は「(二十世紀初めに)日本で生まれたレイキは一九四〇年代にハワイへ伝わり、その後、各地へ広まった。ここでは三人の専門家が患者に対処している」。

 こうした代替医療を受け、症状が改善して再び戦地へ赴く米兵もいるという。

もうひとうはこれ。 
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20100720004

二つとも、心の病に対しての現代医学の問題が背後に見える気がします。

日本発祥のレイキヒーリングがアメリカで心を病んだ方の治療に使われているですね。
日本人はもう少し、自然医療や気の世界を信じてもいいのではないかと思います。

話は変わりますが、先月の夏至の日(6月21日)に、非常に強力なエネルギーが降ってくるとある方から教えていただいたので、一日中、注意して受けていたら、そのエネルギーを使ってヒーリングができるようになりました。次は2012年2月まで、強力なエネルギーはこないそうです。
なんのエネルギーなのか感じていると、フォトンベルトのエネルギーだということがわかりました。
一月以上使ってみてどんなことをするエネルギーなのか段々わかってきました。

私のレイキの遠隔ヒーリングを1年以上受けてくださっている女性がいるのですが、今までのヒーリングでも満足していただいたのですが、フォトンベルトヒーリングの遠隔ヒーリングに変えてみたら最初は、好転反応で潜在患部に痛みが出たり、ふきでものがでたりしたのですが、その後は以前よりさらに体調がいいようです。
その方は、年下の部下もいるのですが今まではなんとなくしっくりいっていなかったのが、最近は自然に接することができるようになったそうです。
また、その方は、欲しいものがあるとたいていは手には入るのですが、そのスピードが気のせいではなく早くなったそうです。

フォトンベルトのエネルギーと同調して、そこからの情報が入るのにまかしていると、幾つかこエネルギーの特徴がわかってきました。箇条書きにすると以下のようになります。

①潜在意識にしまいこまれたまま、通常は自覚もできず消えることの無いネガティブ、マイナスの意識、トラウマ、悪癖などを消去する。
②良い、悪い、好き嫌い、善悪などの極端な思考 これを2極と言いますが、真ん中に持ってくることによりとても柔軟な考え方ができるようになるので、ストレスが極端に減ってくる。
③体調不良や病気などは、潜在意識下の偏った考え方が肉体に顕れていることが多いので、得に慢性で長く付き合っている状態の方には有効なことが多い。
④潜在意識の不要な感情が消えることにより、その方の波動が繊細になり、霊的な悩みから解放される方が多い。
⑤無駄な思考をすることが少なくなるので、計画や行動に無駄が無くなり、結果的に成功することが多い。
私自身も、今まで自分に有ったこだわりや偏っていた感情が大分なくなってきたのを実感しています。

PTSDや欝の方なども、やはり潜在意識下の部分が表に顕れているのだと思います。

フォトンベルトヒーリングをご希望の方は、エネルギー環境療法コースで、受けていただくことができますので、ご興味のある方がお電話下さい。

それでは、皆さん またお会いいたしましょう。

芝崎義夫